一人暮らしでウォーターサーバーは必要なのか?

あったら便利ですよね。
ただ、実際には一人暮らしで利用している人はとても少なかったと記憶しています。やはり一人暮らしだと家にいる時間も短いので、あまりお水を消費しないんですよね。ウォーターサーバーの使用料目安は月間で1人あたり1本(12リットル)位です。ですから夫婦なら2本、4人家族なら4本といったところ。1人だと1本しか消費しません。

1本だと各社の消費ノルマに引っかかります。大体各ウォーターサーバーメーカーのノルマは1ヶ月間で2本(24リットル)に設定されていますので、消費ノルマをクリアできないことになります。

ではクリアできないと何が問題なのか・・・というと、「お金がかかる」のです。

消費ノルマをクリアできなくても、多くのウォーターサーバーメーカーは定期配送システムを採用しているので製品は、宅急便にて勝手に自宅に届きます。ですから飲もうが飲まなかろうが、ノルマ自体は自動でクリアしてしまうのです。要するに、飲みきれないお水のボトルが自宅にどんどん溜まってゆく事になります。

お水の賞味期限自体は半年から1年程度ありますので、すぐに問題が起こるわけではないのですが、邪魔な上に飲まないお水にお金を払うのは嫌ですよね。そこで、お水が飲みきれないとわかったら、コールセンターに電話して配送をストップしてもらいます。
そうすれば次回配送分は届かないので、お金も発生しなければ、お水もたまらないので一件落着・・・とはいきません。

次回配送ストップ依頼は2回以上連続して行うと、休止手数料なるものが請求されます。だいたいどこのメーカーも同じですが、月額1,000円です。要するにお水を注文しなくなると毎月1,000円のペナルティが発生するわけです。

ですから、一人暮らしの場合このペナルティに引っかかる可能性が高いといえます。毎月1,000円払ってもいいからウォーターサーバーが利用したいというなら話は別ですが、そこまでしてウォーターサーバーを利用したい人はあまり多くはいないでしょう。
その為、一人暮らしにはウォーターサーバーは不向きだといえます。

と・・・昨年までは言っていたのですが、実はその状況を打破できるウォーターサーバーサービスが一つだけあります。
それがクリクラミオです。クリクラミオには6週間プランというのもが用意されており、最低注文本数は6週間で1本(8リットル)でもOKAYというとてつもなく低いノルマ設定があるのです。他社の場合は4週間プランよりも長いものがなく、最低配送単位は4週間で2本(24リットル)というものが一般的です。しかし、クリクラミオは一人暮らしも明確に顧客ターゲットに定めており、1本単位での注文を受け付けるサービスを開始しています。これにより、例えば一人暮らしのOLや学生などでも利用することが可能になりました。

また、意外と見落としがちなのが高齢者夫婦です。高齢者もお水の消費量はそこまで多くないので、通常のウォーターサーバーだとお水が余ってしまうことがあります。しかしクリクラミオの6週間プランならお水の注文量が調整できるので、他のメーカーよりも少ない量で利用可能です。しかも、クリクラミオの場合お水の容量が8リットルという小ぶりサイズになっており、小ぶりにもかかわらず12リットルタイプのメーカーよりもリットル単価が安く設定されているので、正直な感想を言うと「かなり頑張っている」と思います。

ネットで一人暮らしに最適なウォーターサーバーを検索しようとしても、バカの一つ覚えの様にコスモウォーターが連呼されていますが、一人暮らしに適しているメーカーではありません。というか、一人暮らしに適応できるウォーターサーバーは事実上クリクラミオだけでしょう。他のメーカーのノルマは一人暮らしでは達成できないのでやめておきましょう。

⇒一人暮らしにオススメのクリクラミオの情報はこちらから

クリクラミオ

関連記事

ページ上部へ戻る